ゆったりオーディオ日記

お久しぶりです。今回はfinalさんのプレゼント企画で当選したe500のレビューをします。バイノーラル音源やゲームに最適なイヤホンとのことでしたが、一応普通の曲も聞いてみました。

装着感
 素材についてはe1000と同じような気がしますが、角の処理が微妙に違っています。

そのせいか耳に押し込む時にe1000よりスムーズに耳に入ってくる印象で、e3000の装着感に近いように感じますね。e1000の装着感は苦手だったので、かなりうれしいです。
(写真は上がe500、下がe1000)

unnamed

バイノーラル音源を聞いてみた
DLsiteというサイトでバイノーラル録音された音源を聞いてみました。「音喫茶ねころび」という作品で比較しています(作品名を押すと販売サイトにとべます)。バイノーラル音源は特に左右の距離感を感じやすいように曲が作られているので基本的にどんなイヤホンでもある程度の空間を感じるのですが、e500で聴くとより強く距離感が分かります。

例えばシャンプーの音だと右・左のどちらを洗われているかはどんなイヤホンでも分かりますが、距離感を他のイヤホン以上に強く認識するのでe500の方がリアルに感じます。

イヤホンなので頭の中での定位なのですが、同じ右でも、耳からより離れた右に感じます。

音場の広さ等と違い、明確にはわかりにくい差ですが、そのわずかな違いが音源の世界への没入感をより高めてくれるのだと思います。


普通の曲を聞いてみた
 一般的な曲も聞いてみたのですが、やはり定位が良いのか今まで聴いていた曲がほどけていくようなイメージで聞けました。

e500は音場が広いわけではなく、全体的に少し前の方に定位しますが、音の鳴る位置や距離感がちゃんと離れて聞こえます。

左右の分離・定位感もあってfinalの他のイヤホンとは違う、整理された音を聞いている感じがします。

こういった性質から様々な曲に合うとは思いますが、特にオススメしたいのはゲームのサウンドトラックなどの電子音を使って作られた楽曲です。
生楽器で収録されたものは他のイヤホンで聞いても広がりを感じますが、電子音系のものはあまり良い印象のあるイヤホンがなかったです。
しかし、
e500で聞くと「この音はここに定位していたのか!」という驚きがありました。安っぽい音に聞こえてしまいがちなジャンルなのですが、非常に気持ちよく聞くことができたのでオススメです。


ハイレゾを聞いてみた

ハイレゾでマスタリングされ直したものや、距離感を大事に作られた音源だとかなりしっかり分離します。

e3000のようなゆったりとした暖かさはないですが、製作者の意図した距離感を再現できている感覚はとても気持ちよく面白いです。


e3000やe1000との違い

音の余韻はe3000より少なめなので、2つを交互に聴き比べるとe500の方は音がさっぱりしていてモニター系のような傾向に聞こえます。

e3000ほどの低域の重さや質感はあまりないですが、高域のシンバルやハイハットが弾ける音はe500のほうがわかりやすいです。e1000のように高域が目立ちすぎることはないので聴き疲れはしにくいように感じます。

ボーカルに関してはe3000ほどの余韻がないので聞き取りやすくなった感覚はありますが、今までのfinalのような暖かさがないとも感じられます。


総評

バイノーラル音源やゲーム用のイヤホンとの事でしたが、普通の曲を聞くイヤホンとしても充分面白いので買う価値はあると思います。一般販売されたら私もストックとして買うつもりです。

また、バイノーラル音源やゲームで音の距離感をよく感じたい時はおそらく家でゆっくり音楽を聴くorゲームをする時だと思うので、この技術を使ったヘッドホンがあると面白いのかなとも思います。

以上でfinal e500のレビューを終わります。ではまた次回の記事でお会いしましょう!

お久しぶりです。今回はfinalのE5000の長期使用レビューを書いていきたいと思います。
発売してからしばらく経っているので基本的なデータについては公式サイトで御覧ください。
価格は29800円ですが、final公式のオンラインショップでは初回購入の方に限り、友達紹介制度を使って10%割引で購入できます。私の紹介用IDは「sayagen」です。
制度についての詳細は公式サイトで確認してください。


使用感
 E3000より長さがあるので耳に深く挿したまま長時間使っていると痛くなってくる場合があります。
遮音性はそこそこで、特に高くはないです。
LRの判別がすぐにできるようにケーブルに印がついています。これは非常に嬉しい改良で、F7200などのようにイヤーピースで見分けやすくする必要がなくなりました。
ケーブルは高品質のものになっています。F7200などと同じ材質のケーブルで、個別に買うと25000円ほどするケーブルですが、細部が若干違うのでE5000のケーブルについては中国製なのではないかと思います。(F7200のケーブルは日本製です)(写真は上がE5000、下がF7200等のケーブル)
E5000-03
fi-caba_1
このシルバーコートケーブルは体質によっては長期間の使用で硬化する可能性があります。
こちらの記事で詳しく書いています。
付属のケースもより使いやすいように改良され、カラビナでバッグなどに引っ掛けられるようになりました。完成度の非常に高いケースで、別途ケースを用意しなくても良いと思います。
E5000-09
18Q3_gallery_UP_download_E5000_20

音について
低域
 このイヤホンの最も特徴的な部分だと思います。非常に締まりのある低域ではなく、沈み込むわけでもありませんが分離感はしっかりあって他の帯域を邪魔せず量感もあります。
特徴としては低域の「震え」成分をうまく表現できる音だと思います。バスドラムの震え方、ベースの弦の震え方など、生の音に近いような味付けでありながら、聞き分けられる音作りになっています。


中域
 finalの特徴でもありますが中域の作り込みは上手です。特に息を使った音の表現はピカイチで、ボーカル・金管楽器は独特の艶があります。
中域を目立たせようとしすぎた、かまぼこ型で抜けきらない音ではないところが良いですね。


高域
 エージングでかなり変化する部分だと感じます。買ったばかりの頃は低・中域に埋もれているような、抜けきらない印象の音でしたが、鳴らし込んでいくと明らかによく鳴るようになりました。
決して高域だけが前に飛び出してくるような音ではありませんが、伸びの部分が非常に気持ちよく聞けて、シンバルやハイハットなどが弾けた後の響きもしっかり聞き取れます。
音の方向性としてシャープでキレのある音ではありませんが、スーッと伸びていく高域の気持ちよさを楽しめるイヤホンです。
音場の広さも相まって手前に迫ってくるような高域ではなく遠くから響くような高域で、刺さりや聞き疲れすることはないです。


このイヤホンの最も得意なジャンルは「生音系」ですが、大体のジャンルでも気持ちよく長時間聞けます。
苦手なジャンルは、激しい曲で一瞬のキレ、迫力のような鮮烈さが命という曲ですが、そういった曲はそもそもfinalのイヤホンに向いていないと思います。

E3000との違い
 価格帯の違いから基本的には全ての音の質が上がっています(解像度・音場)が、音の癖もそれなりにあるので安易に買うのは控えたほうが良いと思います。
E3000はE5000より音場が狭い分、音が近く感じられるので中域が目立ちやすく聞き取りやすいです。
E5000の方が低域に解像度、生音っぽい響きがあるので、オーケストラ音楽など低域に解像感のある迫力が欲しい方にはおすすめです。
試聴の際にはイヤーピースが合っているか、劣化していないかに気をつけましょう。劣化したイヤーピースの特徴についてはこの記事に載せています。劣化したイヤピだとE5000は音のバランスも相まって非常にのっぺりとした音になってしまいます。

E5000のここが惜しい!
サイズ
 e3000に比べて少し長くなりましたが、やはりE3000のほうが装着感が良いです。低域改善の為に長くなったようですが、今後の機種ではコンパクトになると嬉しいです。

ケース
 非常に使いやすいケースですが、イヤーフックをつけた状態で収納すると少しケーブルを挟んでしまいます。ポケットにいれるよりバッグなどに引っ掛けて持ち運ぶことが多いので、もう少し大きくしても良いかもしれません。

鳴らしにくい(DAPにパワーが必要)
 音量が非常に取りにくく、他のイヤホンよりボリュームを上げる必要があります。WM1Aはハイゲインで40後半、iphoneだと7~8割くらいの音量でちょうど良い音量でした。音のバランスのためにこのような仕様になったようですが、今後の機種では能率も確保しつつ良い音を実現してほしいです。

以上がレビューになります。それなりに音の癖のあるイヤホンですが、非常に気持ちよく聞ける音になっているので高額ですが買う価値のあるイヤホンだと思います。
それでは次の記事で会いましょう!

2018.10月のWM1Aのアップデートにより記事の一部を修正・追加しました

⚠AK70についてですが、現在AK70mkⅡというマイナーチェンジモデルが発売されています。音以外の部分はほとんど同じですので参考になるかもしれません。


さて、今回はsonyから発売されているウォークマンWM1Aのレビューです。
愛機紹介の記事に書いてありますが、私は以前までAK70を使っていました。現在は手元にありませんが、2つ所持していた時期もありましたので、そのときに比較した印象も絡めて書いていきたいと思います。
初めて高価格DAPを購入する方のことも考え、厳しめに評価していきます。
DAPは「気軽に持ち運べ、いい音を末永く楽しめる」ものだと考えているので、これを評価基準とします。
ちなみに2018年11月26日の値段は価格.comの最安値でAK70が44800円(生産終了)
AK70mkⅡは50000円、
WM1Aが98799円です。
AK70は発売当初は約7万円(AK70mkⅡは79980円)でしたが、AKシリーズは値下がりしやすいので現在はここまで下がってますね。販売店のセールなどでは4万円になっていた時もあるようです。
WM1Aも定価だと税込129470円ほどなので値段はかなり下がってきた方です。

スペックや仕様については公式サイトでご確認ください。

デザイン
NW-WM1A

 今回のウォークマンのデザインはジャック部分が膨らんでいて、そこから緩やかに細くなる筐体になっています。デザインについては好みがあるとは思いますが、私は好きなデザインです。
写真ではのっぺりした印象ですが、家電量販店で試聴機を見ると非常に堅牢なボディで表面加工も丁寧で高級感を感じました。ぜひ一度試聴機を見ることをおすすめします。
AKは写真では綺麗でかっこいいですが、試聴機を見ると写真ほど高級感は感じませんでした。表面加工がWM1Aよりはチープな印象を受けました。
AKシリーズは角ばった機械的なデザインの機種が多く、AKシリーズとWMシリーズのデザインは好みが分かれそうです。


UI
original_NW-WM1A_012

 私は今回のウォークマンのUI自体はかなり好みです。再生画面は楽曲名やアーティスト名がわかりやすく、尚且つ再生、早送りなどのタッチパネルのボタンも大きくてタップしやすいです。
再生画面からスワイプで各種機能にアクセスできるところがとても便利で、わざわざ設定から入っていかなくてもスムーズにアクセスできます。アップデートにより再生画面からシャッフル・リピートを選択できるようになりました。
AK70も使いやすいUIですが、プレイリスト作成・再生など楽曲選択以外の機能が少し分かりにくいです。プレイリストなどの機能を使用する私にはWM1Aの方が馴染みやすいUIでした。


動作速度
 以前はけっこうカクカクしていたらしいですが、FWアップデートにより多少軽快になりました。もちろん最近のスマホのような速度には匹敵しませんが、遅すぎて使うのを躊躇するほどではありません。
「WM1Aのここがダメ!」
速度については若干問題があると思います。確かに使いたくなくなるほど遅くはないですが、WM1シリーズはウォークマンの中でもハイエンドシリーズです。SONYが音楽好きに使ってほしい最高のウォークマンのUIだと考えると、正直まだまだ完成していないと思います(下位モデルと共通UIですが)。各操作に少しだけラグがあり、例えばアルバム選択時にスクロールバーを早く動かすとアートワークが遅れて表示されます。
小さな欠点が積み重なると大きな不満になり得るのでソフト面の開発には力を入れてほしいですね。
「2018.10月のアップデートにより解消されたので削除」

アップデートされました!
 2018年10月にWM1シリーズに大型アップデートがありました。個人的に気になった追加機能について紹介していきます。
 USB-DAC機能の実装
  ついにUSB-DAC機能が追加されたようです。環境によっては遅延などがあるようですが、PCで音楽を聞く際にWM1Aの音で楽しむことができるようになりました。私は普段PCで音楽を聞いたりしないのですが、あると嬉しい機能ですね

 Bluetoothレシーバー機能
  こちらの機能は簡単に説明すると、Bluetoothを通してiphoneなどの音をWM1A経由で聞くことができる機能です。再生品質は接続する機器によって変わりますが、イヤホンを駆動するアンプなどをWM1Aのアンプを使って聞けるので、sportifyなどのストリーミングサービスをより高音質で楽しむことができますね。

 バイナルプロセッサー(新しいイコライザー機能)
  アナログレコードの音をデジタルで再現する機能です。実際に使ってみましたが、想像以上に良かったです。アコースティック系やしっとりとした曲のライブ音源などを聞く時に使うのをおすすめします。空気感がより生々しくなる感じがします。

 動作速度の軽量化
  アップデート内容として公式には記述がないのですが、アップデートのついでに動作速度も早くなったと思います。特にアルバム選択の時に感じるのですが、アートワークの読み込みが早くなり、スクロール後に画面が完全に表示されるのが早くなりました。個人的にはここが一番ストレスだったのでかなり嬉しい変化でした。前回のアップデートでも多少は軽量化されたのですが、あと少し早くなれば、、、と思っていました。今の状態であればストレスなく操作できます。

その他のアップデート内容は公式サイトを御覧ください。

AK70との比較ですが、動作速度はAK70の方が少し早い印象でした。AKの第3世代(AK300シリーズ)から引き継いだUIで安定感があります。
(今回のアップデートで動作速度はWM1AとAK70で遜色ないレベルになったと思います)

バッテリー
WM1Aのバッテリー持続時間は約30時間です。他社DAPより群を抜いて長く再生できます。あまりにも長持ちするので充電することを忘れてしまいます。私は基本的に1週間に1回ほどしか充電しません。バッテリーが長持ちするのはこんなに楽なのかと実感しました。
対してAK70は10時間です。時間だけ見ると十分に思えますが、実際に使っていると10時間より短く感じました。おそらくスリープ中などの再生していない時のバッテリー消費などがあるのかもしれません。1日のうち短時間しか再生してなかったのですが2日、または1日に1回は充電しないと朝起きた時にはバッテリーが少ないという状況がよくありました。
AK70はあまりバッテリー持ちが良くない印象です。

音質
約10万円もするDAPなので音がいいのは当たり前ですが、今までのウォークマンからかなり進化した音だと思います。
特に新規格の4.4mmバランス駆動は左右の分離がはっきりとし、音場もさらに広がって楽曲の新たな一面が見えてきます。ジャックが太いのでプラグの耐久性も優れていますね。
艶や響きの表現が上手く、ボーカルとの相性がいいです。
1年以上使ってかなり鳴らし込みましたが、アンバランスの音もかなり良いです。初めの頃に比べて高域がより綺麗に鳴るようになりました。決してバランス専用機ではないですね。

AK70との比較ですが、AKの方が軽快な音でノリよく聞けると思います。モニターっぽくさっぱりとした音が好きな人はAKがおすすめです。バランス駆動についてはやはり4.4mmバランス駆動の優位性は高く、2.5mmバランスでは薄く広がってしまうところも濃密に広く鳴らします。
また、プラグ強度も4.4mmの方が高いので、2.5mmプラグを折ってしまうのが怖い人は注意が必要です。

普段使いも考えてアンバランスのみで考えると、やはりWM1Aはハイゲインモードもありパワーがあって、どっしり鳴らしてくれます。


機能性
 今回のウォークマンはアンドロイドを搭載しないモデルです。つまりwi-fi経由でアプリをインストールすることはできないということです。
この辺りは賛否両論ありますが、DAPに「純粋な音楽プレーヤー」を求めるのか「スマホのような複合機」を求めるのかで変わってくると思います。
音楽再生専用機としてのDAPを望むなら、WM1Aはおすすめできる機種です。

WM1AにあってAK70にない機能

DSEE HX(アップコンバート)
 今までのウォークマンのアップコンバートは私にははっきり実感できるものではありませんでしたが、今回のウォークマンのDSEE HXは有効で、ヘッドホンだと分かりやすいですが確かに高域が伸びている気がします。
ただ、やはり元の音質が悪い音源はどうしても気になりますから、質の低い音源でもなるべく気持ちよく聞こえるようなイヤホンを選ぶ方が良いですね。
AKはそもそもの考えとして、音源そのままの再生を心がけているDAPなのでアップコンバートという機能はなく、このあたりはメーカーとしての考えの違いが現れるところです。


DCフェイズリニアライザー(低域の位相調整)
 DCフェーズイコライザーは低域をアナログアンプの低域に近づける機能(詳しくは公式サイトをご覧ください)とのことですが、私はOFF時の低域で十分なので使っていません。

おすすめチャンネル
「WM1Aのここがダメ!」
 楽曲分析の精度は高いとは言えません。例えば(リラックス)というジャンルに激しい曲が入っていることがあります。
音楽管理ソフト上で自分で振り分けられるようにするだけでも解決すると思います。
ただ、明確に聴きたい曲は決まってないけど大まかなイメージで聞きたいときには結構使える機能で、私は頻繁に使っています。


AK70にあってWM1Aにない機能

USB DAC機能
 AK70をPCとつないで、USB DAC代わりにする機能です。私はPCで音楽を再生することはないので使いませんでしたが、人によっては嬉しい機能ですね。
「WM1Aのここがダメ!」
 WM1Aの後に発売されたZX300とA40シリーズには実装されている機能です。ハイエンドシリーズが下位シリーズに比べてできないことがあるとシリーズごとの立ち位置が不明確になってしまいます。
また、既に実装されている機種では遅延があるようです。スムーズに使えないなら中途半端ですし、無理に実装せずに初めから搭載しない方が良かったのではないかと思います。

「2018.10月のアップデートにより解消されたので削除」

DLNA再生
 こちらも私は使いませんでしたが、有線で繋がなくてもホームオーディオとAK70の連携がとれる機能のようです。くわしくは公式サイトをご覧ください。

WM1Aにアップデートで追加されたBluetoothレシーバー機能は細かな違いはありますが、似た機能になっています。

DAP内での楽曲購入
 grooversというハイレゾ楽曲配信サイトから音源を直接購入できる機能ですが、画面が小さいので使わないと思います。wifiの受信感度も高くないので、よほどのことがない限りPCで購入するほうが楽だと思います。

保証について
 1年間のメーカー保証がついています。私が買った機種は、サイドの物理ボタンの感触が一つだけ浅く、修理に出したところボタン部分が交換されて返ってきました。1週間ほどで返ってきたので対応は早い方だと思います。

AK70もボリュームノブの不調で一度修理に出したことがありましたが、1週間ほどで新品交換になって返ってきました。新品になることは嬉しいことですが、結局何の故障だったのかは明示されてなかったので気になる人はいるかもしれません。
「AK70のここがダメ!」
 AKは故障率が高く、有償修理の金額が高いので保証書のない中古を買うのはオススメしません。中古であれば1つ上のランクの機種も買えるかもしれませんが、かなりハイリスクです。

また、高価格帯らしい良い音を鳴らしてくれますが、AKシリーズの売り方には問題があります。値崩れが激しく(定価が高すぎるとも言えます)1年ほど経てば半額近くまで値下げされますし、より高い上位機種も出てきます。その度にメディア記事ではさらに音がいいと評価されますが、既にフラグシップは50万円ほどになっていますし、毎回買い換えられる人も多くはないでしょう。実際にエントリー機種であったはずのAK70も、AK70mkⅡというマイナーチェンジモデルが出ています。
音は素晴らしいですが、自社製品を大切にするメーカーとは言えません。
twitterでは推しのキャラクターやグループのイメージカラーに合わせた写真で宣伝するツイートが数多くRTされると思います。
好きなコンテンツを否定する気は全くありませんが、この価格帯のDAPはそういう風に気軽に購入・買い替えをするものではないと私は思います。
急激な値下げなどを含め、そういったことに大らかな人がAKの本来のターゲット層だと思いますので、ご自分の金銭感覚と相談することをおすすめします。

その他WM1Aのここがダメ!
・イコライザーの設定システム
 イコライザーを一発でフラット(全値0)にするボタンがほしいですね。いちいち手動で全てを0にするのは面倒です^^;
イコライザーを使う人は少ないという認識かもしれませんが、機能として実装している以上ストレスなく使えるようにしてほしいです。

・楽曲検索機能がない
 容量が多い分、入れる曲も多くなってくるわけですが探すのが面倒なときがあります。例えばタイトルがThe ~のものと(The~)では英語と記号で並ぶ場所が違うので困ります。
キーボード自体は実装されている(プレイリスト作成時)ので検索システムの追加を実現してほしいです。

・アンバランスとバランスごとの音量設定
 バランス駆動はアンバランス駆動より出力が高いので音量に差が出てきます。アンバランスで聞いた後にバランスで聞く時は音量を下げないといけないので、別々に設定、記憶してほしいです。アンバランスで鳴りにくいイヤホンを聞いていた後に、鳴りやすいイヤホンをそのままの音量でバランスで聞くと耳がやられてしまうので注意が必要です。せめてバランス時は音量を~下げるなどしてほしいです。
・スマホとの親和性のなさ
別売りで専用のBluetoothリモコンがありますが、スマホをリモコンとして使えるようにしてほしいです。せめてXperiaだけでも使えるようにしてほしいです。わざわざ専用品を出す売り方より、sonyで揃えることにメリットを持たせる方がいいと思います。

・不必要な独自規格(WMポート)
 楽曲の転送、充電用の端子は独自規格のWMポートです。正直一番ここが問題だと思っています。これまで数多くのウォークマンを開発してきて、不必要な規格であることはわかっているはずです。
SONY製品としてのアイデンティティのつもりかもしれませんが、不便な独自規格の強要は個性ではないですし、個性を出すのは音質や便利な機能だけにしてもらいたいですね。

・重い
 筐体がアルミ製で大きく、スマホなどと比較してもかなり重いと思います。使っていくうちに慣れる部分ではあり、持ち運ぶのが嫌になるほどの重量ではありませんが、やはりポケットなどに入れると重さを感じますね。

あったら嬉しい機能

・USB DAC機能
・DLNA機能
「2018.10月のアップデートにより解消されたので削除」

開発における今後の目標は音質はそのまま、もしくは向上させたまま小型軽量化 だと思います。
現行機種ではUIを改良・最適化しつつ、後継機では小型化してほしいですね。

2018年10月のアップデートによってさらに欠点が減ったので、高価格DAPとして十分おすすめできる製品だと思います。ただ、そろそろ後継機などが見えてくるので中古市場を探してみるのもいいかもしれません。

要望はメーカーに伝えよう
 今回のこの記事を読んで、またはWM1Aを使っていて改善してほしいことを発見することがあると思います。その際はぜひメーカーの問い合わせ欄から要望としてメールを出してほしいと思います。恐らくですが不特定多数の発言があるSNSで呟いてもメーカーは参考にしづらいでしょうし、公式の問い合わせを利用しましょう。どれだけ取り入れられるか分かりませんが、実際のユーザーの声は知りたいでしょうし多少なり意味はあると思います。
多くの人が意見を出すことで改善される部分があるかもしれません。要望などはSNSだけでなく、メールを送ることをオススメします。
 

以上がAK70との比較を絡めたWM1Aのレビューとなります。どちらも良い音を鳴らしてくれますし、初めて買う方はなおさら音楽を聞くのが楽しくなると思いますが細かな注意点などは事前に知っていたほうが良いと思います。ただ、レビューは私の主観によるものですので試聴できる方は一番正確なご自分の耳で聞いてみてください。
それでは次の記事でお会いしましょう(^_^)/

このページのトップヘ