お久しぶりです。今回はfinalさんのプレゼント企画で当選したe500のレビューをします。バイノーラル音源やゲームに最適なイヤホンとのことでしたが、一応普通の曲も聞いてみました。

装着感
 素材についてはe1000と同じような気がしますが、角の処理が微妙に違っています。

そのせいか耳に押し込む時にe1000よりスムーズに耳に入ってくる印象で、e3000の装着感に近いように感じますね。e1000の装着感は苦手だったので、かなりうれしいです。
(写真は上がe500、下がe1000)

unnamed

バイノーラル音源を聞いてみた
DLsiteというサイトでバイノーラル録音された音源を聞いてみました。「音喫茶ねころび」という作品で比較しています(作品名を押すと販売サイトにとべます)。バイノーラル音源は特に左右の距離感を感じやすいように曲が作られているので基本的にどんなイヤホンでもある程度の空間を感じるのですが、e500で聴くとより強く距離感が分かります。

例えばシャンプーの音だと右・左のどちらを洗われているかはどんなイヤホンでも分かりますが、距離感を他のイヤホン以上に強く認識するのでe500の方がリアルに感じます。

イヤホンなので頭の中での定位なのですが、同じ右でも、耳からより離れた右に感じます。

音場の広さ等と違い、明確にはわかりにくい差ですが、そのわずかな違いが音源の世界への没入感をより高めてくれるのだと思います。


普通の曲を聞いてみた
 一般的な曲も聞いてみたのですが、やはり定位が良いのか今まで聴いていた曲がほどけていくようなイメージで聞けました。

e500は音場が広いわけではなく、全体的に少し前の方に定位しますが、音の鳴る位置や距離感がちゃんと離れて聞こえます。

左右の分離・定位感もあってfinalの他のイヤホンとは違う、整理された音を聞いている感じがします。

こういった性質から様々な曲に合うとは思いますが、特にオススメしたいのはゲームのサウンドトラックなどの電子音を使って作られた楽曲です。
生楽器で収録されたものは他のイヤホンで聞いても広がりを感じますが、電子音系のものはあまり良い印象のあるイヤホンがなかったです。
しかし、
e500で聞くと「この音はここに定位していたのか!」という驚きがありました。安っぽい音に聞こえてしまいがちなジャンルなのですが、非常に気持ちよく聞くことができたのでオススメです。


ハイレゾを聞いてみた

ハイレゾでマスタリングされ直したものや、距離感を大事に作られた音源だとかなりしっかり分離します。

e3000のようなゆったりとした暖かさはないですが、製作者の意図した距離感を再現できている感覚はとても気持ちよく面白いです。


e3000やe1000との違い

音の余韻はe3000より少なめなので、2つを交互に聴き比べるとe500の方は音がさっぱりしていてモニター系のような傾向に聞こえます。

e3000ほどの低域の重さや質感はあまりないですが、高域のシンバルやハイハットが弾ける音はe500のほうがわかりやすいです。e1000のように高域が目立ちすぎることはないので聴き疲れはしにくいように感じます。

ボーカルに関してはe3000ほどの余韻がないので聞き取りやすくなった感覚はありますが、今までのfinalのような暖かさがないとも感じられます。


総評

バイノーラル音源やゲーム用のイヤホンとの事でしたが、普通の曲を聞くイヤホンとしても充分面白いので買う価値はあると思います。一般販売されたら私もストックとして買うつもりです。

また、バイノーラル音源やゲームで音の距離感をよく感じたい時はおそらく家でゆっくり音楽を聴くorゲームをする時だと思うので、この技術を使ったヘッドホンがあると面白いのかなとも思います。

以上でfinal e500のレビューを終わります。ではまた次回の記事でお会いしましょう!